Bary Labolatories

20代リーマンが投資、ゲーム、ライフハックを紹介するブログ

歯医者に通うのって大事だよねという話

ぼくは10年以上同じ歯医者さんに通っていたのですが

セカンドオピニオンとしていつもとは違う歯医者さんに行ってきました。

いくつか気づきがあったので共有します。

http://2.bp.blogspot.com/-PuFobt8SRQk/UZ2U5_rCMCI/AAAAAAAATpo/CyLwoTY1Qa8/s800/haisy_chiryo.png

 

 

セカンドオピニオンを活用する理由

ぼくは10年以上前から最寄り駅の歯医者さんに通っていました。

いつもと同じって安心感があるんですよね。付き合いが長いと自分が通える時間帯と歯医者さんが営業している時間帯とかもある程度認識していて、治療にどれくらいの日数がかかるかとかも前もってわかったりします。

しかし、1つの歯医者さんに通っていると本当にこの治療法が最適なのかわかりません。医療のことは専門分野なので相手の話を鵜呑みにすることになります。本当は少しだけ削ればいい所を、たくさん削ることになったら嫌ですよね。

これではいけないと思い、セカンドオピニオンとしていつもと異なる歯医者さんに診てもらうことにしました。

 

歯医者さんを変えて気づいたこと

紹介された歯医者さんが偶然良いところだったのかもですが、色んな気づきがありました。

  • 都心で営業しているせいか、遅くまで営業している→治療までの時間短縮
  • 治療前に医師とのカウンセリングで口内の悩みを聞いてくれる
  • 治療計画(治療まで何日かかる見込みとか、ここはどういう状況だからこれからこういう治療を行う予定とか)を教えてくれる
  • 最新治療器具(ペン型カメラで口の中を撮影)を利用してくれる
  • どういう治療を行うか聞かなくても教えてくれる
  • 歯に関する重要な情報(歯の喪失は虫歯よりも歯槽膿漏が多いなど)を教えてくれる

 

つまり、前の歯医者さんよりも親切で信頼できるところでしたw

一番いいなと思ったのは、治療方法を複数提案してくれる点と治療方法のメリットデメリットを教えてくれることでしょうか。

しっかり時間を作って患者とのコミュニケーション機会を作るというのは素晴らしいことだと思います。

特に、歯の喪失で一番多い原因は、虫歯でなく歯槽膿漏と聞いて驚きました。20代を超えるとどんな人でも歯茎が下がってくるそうです。。こわい(;^ω^)

歯槽膿漏の原因は歯石(歯の裏とかにくっついてる硬いやつ)なので、それを除去するために歯医者さん定期クリーニングを勧めるのです。

歯医者に通うべき理由

治療前の医師との面談で「定期的に歯医者に通って歯のお掃除をしたほうが良い。政府も定期的に歯医者に通うとうに促している」と聞いて、はいはい営業トークと聞き流していたのですが、気になったので調べてみたところ本当のようです。

4.対策

(2)専門家等による支援と定期管理

蝕および歯周病の原因となる歯垢の除去は、歯の形態や歯列の状況などから、自己管理のみで完全に行うことは困難である。

(中略)

検診による早期発見・早期治療に加え、疾患の発症を予防する一次予防がより重要であることを広く認識して、個人の口腔健康管理を専門的立場から実施あるいは支援する保健所・市町村保健センターやかかりつけ歯科医等の歯科保健医療機関(専門家)を活用し、定期的に歯科健康診査・保健指導や予防処置を受ける習慣を確立することが必要がある。

参考:http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/b6.html

 

マジで厚生労働省が言ってますね。みなさん歯医者いって予防しましょう。

まとめ

  • 歯医者のセカンドオピニオンはおすすめ
  • 患者とコミュニケーションとる姿勢があると良い
  • 定期的に歯医者に通うのは歯の喪失を防ぐ強力な手法

スポンサーリンク