Bary Labolatories

20代リーマンが投資、ゲーム、ライフハックを紹介するブログ

投資で負けるためのたった3つの条件

1月6日はビットコインが史上最高値を付け話題を呼びました。思わずbitflyerでチャートを確認してしまった個人投資家の1人です。思わず購入を考えましたが、その時の心境が完全に投資で負ける人の考えになっていたため思いとどまり、無事損失を回避できました。という訳で今日は私が思う投資で負ける3条件を紹介します。逆にこれをやらなければ利益が出ると思ってます。

1.仕組みが理解できていない

ビットコインは株やFXと比べると、24時間365日取引可能であるため値の上下が激しい点や、国際通貨でないため金融資産の逃げ道になる点など特徴があります。金融商品によって特徴は異なるため、予め仕組みを理解しないと予想外のトラブルが発生します。

自分が誰にお金を投資するのか?投資先はその資金でどんな事業を行い利益を得るのか?どれだけの配当がもらえるのか?それはどのくらいの期間が必要なのか?リスクはどの程度あるのか?等々を整理した上で投資をしないと多くの場合、損失が出ます。

投資対象をよく調査しないで投資したらそれは賭けになってしまうんですね。そして賭けはいつか負けます。

2.高騰しているのに買っちゃう

値が上がるということは多くの人がその商品を求めているということですが、その時点ですでに商品を持っていた人は利益が発生しています。値段が上がってる最中に買ってすぐ売れば小さい利益が見込めますが、値が上がった分利益確定のために売る人が増えます。つまり、値が急に下るリスクが高まります。

3.値が大きく動く理由がわかっていない

値段の上下が激しい時はほとんどの場合何らかの理由があります。市場心理というものもあるため一概には言えませんが、1月5日のビットコイン高騰/暴落の件は人民元の避難先になったことが原因とロイターが示唆しています。

 

f:id:sumibi8929:20170107234649p:plain

参考:Bitcoin Price | BTC USD - Investing.com

参考:ビットコインが一時20%急落、人民元の急上昇と好対照 | ロイター

 

東芝が値下がりしている理由は原発関連の投資がコケた件が原因なので、やはり値が大きく動くときには理由があります。機関投資家が一気に売買しても動くんですが。

少なくとも値が大きく動く理由がわかっていないのは死亡フラグに変わりありません。

 

f:id:sumibi8929:20170107234627p:plain

参考:(株)東芝【6502】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

 

まとめ

  • 仕組みがわからないものを買う
  • 高騰している時に買う
  • 値が大きく動く理由はわからないけど買う

上記3点を駆使すれば高い確率で損失を得る(?)ことができます。

みなさんもお試しあれ。

 

以上!

スポンサーリンク