Bary Labolatories

20代リーマンが投資、ゲーム、ライフハックを紹介するブログ

FinancialAcademyのセミナーに行ってみた

お金の教養を学べるFinancialAcademyのお金の教養講座に参加してきました。

体験談を書いていきます。

f:id:barycom:20170122205936j:plain

FinancialAcademyとは?

FiinancialAcademy(以下、FA)とは、お金に対する考え方や増やし方について有料で学ぶことできる独立系の総合マネースクールです。

セミナーでは冒頭で銀行などの資本が入っていないため公平な教育を提供できる点と金融商品の営業をしない点の2点を特徴として挙げていました。

また、2002年の設立から15年で40万人が講義を受講した実績があるようです。

FAのミッションとして義務教育で教わらない「お金の教養」「お金の知性」を正しく学び、育むことでよりよい人格形成の一助となることを目指しているそうです。

 

セミナーの内容は?

男女比は5:5ほど。意外と女性の数が目立ちました。年齢層は20代~40代で30代前後の方が多い印象でした。ちなみに「それでは前後の人と喋ってみましょう!」のコーナーがあるのでコミュ障の人にはおすすめできません。

セミナーの内容は「お金の教養編」「株式&FX編」「不動産編」の3つを4時間かけて説明するものでした。どんな内容だったか簡単に説明したいと思います。

1.お金の教養編

ここではお金に関する教養を7つのポイントで学習します。

例えば、毎月の収支を明確にすることで何にお金を使いすぎているのか整理しましょう。とか貯金しやすい環境を作るために定額預金してみましょう。というような初歩的な話です。

個人的に参考になったのは収入のうち、貯金2割、投資2割、固定費3割、変動費3割の割合にすると良いといっていたのが印象的でした。家賃は収入の3割とも言いますし、フィナンシャルプランナーの人が言うので説得力があります。

講師の方も進行が非常に上手く、実体験とジョークを交えて和みつつ進行していきます。

2.株式&FX編

1年で2倍、5年で老後資産を貯める道筋が見えることを目的とした上で説明が始まります。あくまで雰囲気を理解してねという意味ですね。

個人投資家には小型株が向いているだとか、株式投資する上での基本的な3つのルールについて説明があります。3つのルールを知りたい方はセミナーに参加してください。

3.不動産編

不動産編も株&FX編と同様になんとなく理解することを目的にして説明が始まります。

不動産は家賃収入が入ることや元金が少なくても銀行からの融資で高い物件を購入できることを説明されます。不動産に関しては、卒業生によるインタビュービデオが流され、成功談や失敗談を知ることができます。

ただ、不動産投資のキャッシュフロー家賃収入-管理経として説明していたことに違和感を感じました。不動産投資はほとんどローンがあるものなので、キャッシュフローの計算は家賃収入-管理経ローンにするべきだと思います。夢見させるマジックなのでしょうか?この点は不信に感じました。

 

セミナーに行った感想

セミナーは全体的に投資をやればメリットがあり、ノウハウも本校で学べます。今回は参考として1章分だけお教えします。これだけでは成功に繋がらないので、続きは有料で提供します。という仕組みになっていました。

ちなみに1コースは24時間で学べるカリキュラムとなっており、お値段は約38万~になります。

私は個人的にお金に関する教養をすでに学んでいるので、月の収支を付けよう!とか言うのは正直今更感はありました。しかし、収支を今まで付けてない人やキャッシュフローという言葉に敏感でないような人にとっては有益な知識を学べる機会としては十分有用かと思います。また、投資に興味あるけどまだ勉強していないという人にとってもきっかけ作りに良いかと。

 

まとめ

  • FinancialAcademyのセミナーではお金の教養を学べる
  • MoneyForwardとか使っている人は行っても意味ないかも
  • 投資を勉強したい人にはオススメ

スポンサーリンク