Bary Labolatories

20代リーマンが投資、ゲーム、ライフハックを紹介するブログ

トロッコ問題についてMITがアンケートを集計中

MIT(アメリカの著名な大学)が人工知能の道徳的な意思決定に関して、人間の視点を収集するためのアンケートをWeb上で公開しています。

トロッコ問題ごは存じでしょうか。

トロッコ問題(トロッコもんだい、英: trolley problem)あるいはトロリー問題とは、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という倫理学の思考実験。

人が運転している車は運転手の考えや道徳によって誰を犠牲にするか選ぶことができます。

 トロッコ問題 - Wikipedia

 

自動運転車は運転手ではなく人工知能が判断するため、人工知能の意思決定をエンジニアが考える必要があります。これはエンジニアの意志決定が後々生産される大量の自動運転車の動作に深く関わることを意味しています。

 

※日本語訳でアンケートできます。

moralmachine.mit.edu

全13問2択の問題ですが、どれも難しい問題です。

あなたは自動運転車の人工知能として、意思決定を求められます。

老人と子供がいて、どちらかを犠牲にしなければいけないのであれば、多くの人は子供を救うでしょう。なぜなら子供には未来があって老人にはないから。

しかし、老人が自動運転車に乗っていて意思決定を行うのが自動運転車の人工知能だとしたらどうでしょうか。老人を犠牲にして子供を救うべきですが、自動運転車は乗組員である老人を守らなくてもいいのでしょうか。

これは心理テストではなくアンケートのため答えはありませんが、自分の道徳観を振り返るのには十分です。あなたの優先する価値観を振り返ってはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク