Bary Labolatories

20代リーマンが投資、ゲーム、ライフハックを紹介するブログ

株初心者は配当と株主優待で小さく儲けよう

株式投資を初めて1年も経っていない初心者ですが、少なくとも数十万円程度はお金を増やすことに成功しています。

実際に1年弱トレードすることで株式投資のメリットを実感できたので紹介したいと思います。

 

株初心者から見た株式投資の儲け

安く買って高く売る。そこで発生した差分による利益でお金を増やす(キャピタルゲイン)ものと考えていました。

5万円で株を買って次の日10万円になっていたと仮定します。10万円になった時点で株を売却すれば5万円の差分が儲けになります。これがキャピタルゲインですね。

毎日株価が上がれば良いのですが、下がるときも多々あります。株価が下がって3万円になったと仮定し、その時泣く泣く売った場合は5万円が3万円になったわけですから2万円の損失ということになります。

お金を増やすために株式投資をしているのに、損失を出していたら本末転倒です。

株価が上下せず、ずっと5万円だった場合は損も得もしません。むしろ、株式を購入する際に証券会社に数百円の手数料を払っているはずなので手数料分損ですね。

この状況を表に表すと以下のようになります。

 

 値動き 儲け
株価上昇 出る
値動きなし 出ない
株価下落 出ない

 ※厳密には株価が下がった時は空売りというワザで儲けを出すことが可能ですが、初心者の私にはできないので上記表に含めていません。

 

表の通り、基本的に株価が上がった時に売らない限りお金は増えません。そう思うと株式投資でお金を増やすのは難しいように思えます。

 

キャピタルゲインがなくても利益を得られる

実際に株式投資をやってみると儲けはキャピタルゲインだけではないことに気付かされます。具体的には、配当金株主優待です。

配当金は企業の儲け(利益)から株を持っている人(株主)に配布されます。株を持っている人全員にお金が振り込まれるわけです。たとえ株価が購入時と変わらずプラマイゼロでも配当金によって儲けが生まれます。

ただし、配当金は年1回の会社が多数を占めていること、会社の業績によっては配当しないこともあること、配らない会社もあることに注意が必要です。

株主優待は会社が株主満足度向上のために実施するサービスです。そのほとんどが自社商品やサービスの割引件や無料券です。QUOカードやギフトもよく見られます。

株主優待を受け取れるのは年1回であること、株を持っていても会社の決算前の特定の日に所持していなければ優待を貰えないことに注意が必要です。

 

6月に受け取った配当金と株主優待

資本金100万弱、約1年間運用した結果、以下の配当金と株主優待を頂きました。

キャピタルゲインは概算で10万ほどになります。

  

会社名 配当金 株主優待
ユナイテッド・アローズ 5800円 15%割引券✕2枚
松屋フーズ 1036円 お食事無料券✕10枚

ゼンショーホールディングス

(すき屋)

900円 500円割引券✕2枚

  

配当には所得税がかかりますが、一部NISA口座利用のため非課税となっています。

株主優待を意識してトレードを行いました。多くの会社が3月決算なので権利日も3月に集中していたように思います。また、実際に配当金の振込や株主優待の発送は6月下旬でした。実際に経験してみると気づきが多いです。

トレードの実力では専業の個人投資家や金融機関には勝てません。

株初心者は配当と株主優待で小さく儲けるのが堅いかなと思います。

株の売買だけでなく、配当や株主優待でも儲けが得られるよという話でした。

スポンサーリンク