なぜコインチェックに100万も突っ込んでしまったのか?1人反省してみる

どーも、baryです。

コインチェック(仮想通貨取引所)が不正アクセスで数百億失ったというニュースが最近話題ですね。コインチェックは1月26日(金)からすべての仮想通貨と日本円の入出金を制限しています。

www.itmedia.co.jp

実は、私もコインチェック利用者でモロ被害者です。しかも100万円入金済み/(^o^)\

数年前マウント・ゴックス事件のニュースを観て「大変だなー」と思っていた自分が当事者になるとは思いませんでした・・・。

というわけで、リスクとリターンをいい感じに考えてスマートな資産運用を心がけていたはずの自分がなぜ仮想通貨取引所に100万も入金し、出金できない状況になってしまったのか、反省をしていきたいと思います。

 

仮想通貨投資に参入した要因

高ボラリティの悪魔的魅力

株じゃ考えられないほど仮想通貨はボラリティがめっちゃ高いです。1日40%下落して次の日40%上昇するのは日常茶飯事。当然その差額はチャンスなわけですね。

また、株と違ってファンダメンタルがほぼありません。企業じゃないから業績とか無いし、基準価格もありません。

投機で値が上がるのでほぼ博打と化しているのですが、逆にいくらになるか予想が付かなくて1年後数倍になるかも!?という希望的観測で仮想通貨に手を出しました。

(お金がほしい・・・!)

バブルを味わいたいという欲

オランダのチューリップ・バブル、日本の高度成長期バブル、アメリカのITバブルと経済バブルはいくつかありますが、すべて私が投資を始める前のできごとでどれも経験していません。しかし、仮想通貨バブルは現在進行中であり、この熱狂を体験したい!!と思ったら口座を開設していました。

抑制が徐々に緩くなっていく

ハイリスクの投資であるため、最初は5万円から始めていたのですが、年来比500%だとか億儲かっているという話を何度も目にする内にだんだんと投入する金額が増えていきました。5万、10万、30万、そして100万。

 

改善策を考えてみる

銀行の出金制限を設定する

物理的に障壁を設けることで自分の暴走を制御します。

これで一気に入金することを防ぎ、冷静に考えることができます。

(といっても自分で解除できちゃうんだけど)

 

慣れない投資ではリスクを対処する

取引所に日本円や仮想通貨を預けっぱなしにすることが大きなリスクであるということに気づけていませんでした。有識者のウォレットで管理すべきという見解を見聞きはしましたが行動に移せていませんでした。

マウント・ゴックスの件もあり、取引所リスクは認識していたのですが「まず起こらないっしょ」と高を括っていたのが運の尽き。

人は歴史から学ばないと言いますが、これ本当に耳が痛い・・・

これからは過去の大事件から対策を練って実施したいと思います。

 

ポートフォリオを構築して徹底して守る

日本株が30%、日本債権が20%、アメリカ株が40%、仮想通貨が10%・・・みたいな感じでポートフォリオを作ってそれに沿うよう投資していけばダメージは少なかったのかなと思います。

(ポートフォリオ作って運用するのが億劫なのでこれはめっちゃやる気ない・・・)

 

ちなみに、1月28日(日)時点でコインチェック社が補償について告知しています。

www3.nhk.or.jp

  • 盗まれた時の時価よりも安い値段で補償する点
  • 補償を行う日程が明確になっていない点

がツッコみ所ですが、今後に期待したいですね!

ちなみに私は出金制限4時間前に80万出金しているので軽傷で済んでいます(^^)

スポンサーリンク